誰にも言えない便秘のこと

私が初めて便秘になったのは、高校生の時でした。恥ずかしさから誰にも言えず、一人で抱えていました。親にも言えないので病院に行き、薬で治す事も出来ません。そこで、薬に頼らす生活を変える事で解消する事にしました。そうすれば、だれにも便秘だと打ち明けなくて済みます。まず便が硬くて出ないと思った私は水分をたくさん取ることにしました。休み時間ごとに毎回水を飲み、食事中もお茶などを多く飲むよう心がけました。これは少し効果があった様に感じました。善玉元気 効果

次にお腹をマッサージしてみました。ですが、これは全く効果がなくやめてしまいました。次は運動です。当時は運動部に所属していたので、運動は十分と思っていたのですが、帰ってからも散歩をしてみたり、腹筋をしてみたり、いろいろできる運動を試しました。いろいろ試してはみましたが、快便とまでは回復しませんでした。やはり、親に正直に打ちあけ病院に連れて行って貰うしかないのだろうか、恥ずかしくても我慢するしかないのか、と思っていました。そんなある日食事中に母から、もっとゆっくり食べなさいと言われてハッとしました。高校生になってから食欲が増し、部活も厳しくなった私は、はやくお腹をいっぱいにしたくて早食いになっていました。

それを自分では全く気付かなかったのです。もしかしたら、と思った私はその日からよく噛んでゆっくり食べるよう心がけました。ただ、食欲が凄かったので、ゆっくり食べるのはなかなか大変でした。

でも、効果はすぐに出てくれました。本当に本当に久しぶりのスムーズな排便でした。今でも、その習慣は続いていて、便秘で悩むことはほぼなくなりました。薬に頼らなくても、自分で治せる方法を見つけられた事は、体にも心にもプラスに働きました。