便秘と運動不足の関係

便秘において、食物繊維の不足以外にも運動不足が原因とされていることもあります。運動不足は美容と健康に悪い影響を与えてしまいます。体を動かすことによって便秘には効果があるとよく聞かれますが、その理由として運動する事で排便に必要な筋力が鍛えられ、運動によって自律神経の乱れが整えられる事があります。運動不足によって引き起こされる便秘の種類として弛緩性便秘だけでなく痙攣性便秘をも起こす可能性があります。

痙攣性便秘は大腸が緊張した状態が続き、便が停滞することによって起こる便秘と言われています。日本人の腸は欧米人よりか長いためにこのような便秘が起こりやすいとも言われています。排便時に腹痛や残便感があることが多いとされています。腸内環境の悪化も便秘になる要因とも言われています。

世間では腸活と言う言葉を聞かれますが、それはとても重要な活動とも言われています。「美腸」という言葉があり、美容や健康面の観点から腸内環境のことは無視できません。美しくなるには腸内環境が良い環境である事や便秘になると腸内環境が悪化しているのもあり、お肌に悪影響を与えたりしてしまうために注意が必要です。善玉元気 効果

肌荒れやニキビを治そうとして、美顔器に頼りがちでも腸内環境が良くなければ、また肌荒れが起きたりもします。まずは食生活を見直し、適度な運動を生活に取り入れ、腸に効果的な食物、野菜やヨーグルトなどの乳製品を摂り入れて、腸を健康に保って行こうという自己管理をするように心がけるようにします。