便秘と食生活の関係

便秘と言うと様々な原因があり、多種多様になっているため、何が原因なんかを把握することはとても重要です。日本人においては食生活の変化によって便秘を起こしている事が多々あります。まず第一に思い当たることで、食物繊維が不足しているのが言えます。日本は終戦直後と今の食生活を比べると1日当たりの食物繊維の摂取量が半分以下になっていると言われています。普段の生活においては野菜など摂取しているかチェックする必要があります。便秘の原因として持っても多い原因とされています。

以前は食物繊維は不要物と考えられていましたが、今は消化や吸収、排便においては非常に重要であることが認識されました。日本人で最も多い便秘として弛緩性便秘と言われており、それは大腸の運動や緊張が低下して便が滞留し、硬くなることで起こる便秘とされています。普段から食生活においてどのような食べ物を摂取しているか、気をつける必要があります。善玉元気 効果

食生活だけに限らず、水分不足も便秘の原因を引き起こすと言われています。水分は排便にとって必要不可欠であり、水分不足による便秘になると便の水分が奪われ、排便が困難になります。これも弛緩性便秘とも言われています。通常成人であれば、水分は一日1.5リットル摂りいれる事が良いとされています。いきなり飲むのは難しいために一日を分けて飲むようにします。水による冷えも腸にはあまりよくないために白湯やあったかめの飲み物を摂るようにします。